国家資格は強い|整体師の学校に通えば就職に有利|確実な知識と技術を勉強できる
女医

整体師の学校に通えば就職に有利|確実な知識と技術を勉強できる

国家資格は強い

ドクター

専門性が高いため取得困難

医療系の資格は、取得までに長い年月を要するものもあります。いつでも誰でも試験を受けられるわけではなく、必ずその系統の大学を出ていなければいけない場合もあります。医療系は多くの資格があり、中には国家資格も存在します。国家資格とは国によって認められているという意味なので、その資格を持っていると社会的信用も高くなります。医療系国家資格の代表は医師・看護師・薬剤師ですが、医師と薬剤師は必ず大学の医学部や薬学部を卒業していなければなりません。しかも卒業してやっと国家試験を受けることができるだけで、試験に受からなければその職業に就くことはできません。看護師は必ずしも大学を出ている必要はありませんが、国家試験を受けるまでに様々な試験や実習があり、体力・知力ともに要求される仕事でです。

準備は早い方が良い

医学部や薬学部などの難関大学を狙うならば、準備は早いに越したことはありません。普段からよほど優秀な人は別ですが、これらの大学は急に勉強しても、とても間に合うものではありません。国家試験の合格率は、医師・薬剤師ともに約80%なので一見高いように見えます。しかしまず大学に入るのが大変であり、国家試験に至るまでに数々の試験や実習をクリアしなければなりません。特に医学部は大学に現役合格することも難しく、1浪や2浪の覚悟が必要です。その後の6年もストレートで進級するためにはかなりの努力を要します。薬学部は以前は4年卒でしたが、今は6年卒となっており、試験や実習が強化されて大学生活が厳しいものとなっています。医療系の道に進むならばもちろん勉強しなくてはなりませんが、健康管理も重要です。普段からメリハリのある生活を心がけ、忙しい生活に対応できる体を作っておきましょう。