養成学校に通うことが必要|整体師の学校に通えば就職に有利|確実な知識と技術を勉強できる
女医

整体師の学校に通えば就職に有利|確実な知識と技術を勉強できる

養成学校に通うことが必要

女の人

専門学校との違い

放射線技師になるには、高校を卒業した後、専門の養成学校に三年以上通わなければなりません。養成学校には、専門学校もありますが、近年は大学が増えてきています。放射線技師養成課程のある大学は、ほとんどが四年制です。一方専門学校は三年制のことが多く、より授業の密度が高くなっています。大学の方が授業の時間が長い分、より基礎的な内容や専門外の授業もじっくりと学ぶことができます。しかし、学費はやや高くなる傾向にあります。就職後の待遇にも差がでてきます。専門学校卒よりも大学卒の放射線技師の方が待遇がよい傾向にあります。昇級率や基本給に差が出ることが多いです。しかし、より実践力を求める傾向も高くなっているので、専門学校卒でも中途採用をねらって経験をつむのも一つの手です。

在学中は忙しい

放射線技師の養成課程がある専門学校や大学は、実習が多いのが特徴です。放射線技師という職業の特徴上、実習を重ねて実践的な力を磨く必要があるためです。そのため、二年生くらいから実習が始まります。実習中はレポートを逐一作成しなければならず、それ以外の時間は座学に追われます。在学期間の短い専門学校ではより顕著です。大学にしても、専門学校にしても、アルバイトやサークルに精を出すのはなかなか難しいこともあると思っておく方がよいでしょう。もちろん、学校により違いはあります。しかし実習が少ない学校はその分社会に出てから苦労することにもなるので、学校を選ぶときは実習が多めの学校の方が自分によいといえるでしょう。